img_01

競馬学校の募集要項について

競馬の騎士となるためには、国内にある競馬学校に入学をし、そこを卒業しなければなりません。
学校に入学する場合は、競馬学校が定めた募集要項の条件に満足している事が必要となります。


まず、年齢は、20歳未満である事が必要となります。

また、中学卒業以上の学力を持つか、中学卒業以上の学力を有する事のいずれかが必要となります。

競馬と言う競技は、馬にまたがり行うものです。

そのため、体重における制限が設けられています。しかし、体重は、年齢により振り分けが行われているのが特徴なのです。


例えば、特定年数よりも前に出生した人の体重は何キロで無ければならないかと言う具合になっています。因みに、体重の範囲を示しますと、44キロから46キロ半までの間であれば良いわけです。
しかし、条件に満たしていないと、この範囲の中にある体重でも入学の条件を満たさないことになります。

一例を挙げると以下のような形になります。


平成8年10月1日から平成9年31月の間に出生した人は、45キロ以下である事が必要です。



仮に、この間に生まれた人の体重が、46キロである場合は、1キロ体重を落とさなければ入学をする事が出来ないと言う事になります。

また、競馬の選手は、比較的小柄の人が多いのですが、競馬学校に入学する過程において、身長の制限は設けられていません。



これは、体重が基本となるからなのです。

視力にも制限があります。

馬に乗りますので、万が一転倒をした時に、めがねやコンタクトレンズをしていると危険を伴います。そのため、裸眼での視力で、コンマ8以上の視力が求められています。

これ以外にもいくつかの資格制限がありますが、特別刑事罰などを与えられていなければ、誰もが募集要項に満たしているともいえるものです。尚、募集人数は15名以内と少なく、競争率が高いとも言えます。
そのため、競馬の選手になるためには、学校に入学するための募集要項を満たし、尚且つ入学試験に合格する必要があります。